鶴岡八幡宮で源実朝を暗殺した公暁って、隠れてた言うけどどう考えても丸見えだよなぁ。

1:2016/01/05(火) 20:25:30.04 ID:

http://img.2ch.sc/ico/nida.gif
神奈川・鎌倉市にある鶴岡八幡宮で、
新春恒例の「除魔神事」が行われた。
「除魔神事」は、鎌倉時代に
源 頼朝が、武家の「事始め」として行ったもので、
年の初めに魔を退ける力があるとされる弓で
的を射ることによって、
1年の魔を退けるといわれている。
青空のもと、境内では、装束に身を包んだ射手(いて)が
27メートル先にある
およそ1m50cmの的に向かって勢いよく矢を放ち、
見事に的を射ぬくと、観客からは大きな歓声が上がった。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00312789.html

3:2016/01/05(火) 20:27:15.17 ID:

>>1

(秋田県)は倒れる前の見たことなかったんだっけ

15:2016/01/05(火) 21:18:42.78 ID:

>>1

マジレスしちゃうけど、

その話は嘘だよ。
鎌倉時代やそれ以降の文献には
一切そのことは書かれていない。創作話だよ。
16:2016/01/05(火) 21:22:56.76 ID:

>>15

殺したの貴様だな、

だけでもまかり通るってことか?
18:2016/01/05(火) 21:50:29.18 ID:

>>16

大銀杏の木に隠れてたって部分は創作

2:2016/01/05(火) 20:26:55.16 ID:

ふーん
4:2016/01/05(火) 20:28:30.01 ID:

いや、あれはマジで気づかなかったわ
その場にいたけど
5:2016/01/05(火) 20:28:53.76 ID:

祖先が源氏!! 源氏!!って言うてる奴でも
兵庫県の川西市にある
多田神社を知らん奴はバッタもんwwwww

…わいは坂東八平氏の模様………

68:2016/01/06(水) 17:34:29.07 ID:

>>5

それより河内源氏だろ

69:2016/01/06(水) 17:49:55.68 ID:

>>5

知ってるけど、

嫡流の摂津源氏はなんか目立たないし、
オマケに源頼朝に無下にされた・・・

河内源氏が源氏の棟梁を自任してるし・・・

源頼義(八幡太郎義家と新羅三郎義光の親父)が

桓武平氏に婿入りした時点で、
その後の河内源氏の東国支配は
鎌倉を拠点に行うことが出来るようになった。
76:2016/01/06(水) 19:37:07.90 ID:

>>5

いつか、京都の清和天皇の「水尾山陵」と

清和源氏の初代の源経基を祀る「六孫王神社」、
そして、兵庫川西の「多田神社」に。

うちも摂津源氏の流れなので・・・
しかし、山形からだと遠いw

6:2016/01/05(火) 20:29:37.94 ID:

男は誰も皆、無口な平氏♪
7:2016/01/05(火) 20:29:48.85 ID:

ニコ生で配信しながらだったからモロバレだったよな
8:2016/01/05(火) 20:36:14.33 ID:

誰だよイチョウ倒したのは
9:2016/01/05(火) 20:39:20.02 ID:

>>8

倒せるのは吉田沙保里ぐらい

14:2016/01/05(火) 21:18:15.49 ID:

>>9

56kg級時代は馨はずっと二位だったしな

10:2016/01/05(火) 20:41:38.23 ID:

別当公卿のかくれしと
歴史に残るはこの蔭よ
11:2016/01/05(火) 20:58:20.05 ID:

土遁の術も知らないニワカニンジャwww
12:2016/01/05(火) 21:12:50.88 ID:

別に隠れんでも暗殺できるんちゃうの?
13:2016/01/05(火) 21:15:43.20 ID:

俺もその場にいたけど公暁さんのギリースーツがまじ高性能だった
17:2016/01/05(火) 21:26:57.25 ID:

先に北条時政が実朝を殺そうとして一度失敗してるんだよな
牧氏事件てやつ
19:2016/01/05(火) 22:09:42.11 ID:

公暁ってその後殺されたんだっけ?
まあ殺せた分満足だったろうね
20:2016/01/05(火) 22:10:01.68 ID:

      _   ./ ̄ ̄ ̄\    / 
    __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/  
      \/゚ (●)。 (●)  \/ rへ,ノ   ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_ 
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_ 
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \ 
          .::┘   :│   ゚ 
21:2016/01/05(火) 22:15:26.14 ID:

岩下志麻の北条政子また見てぇな。
22:2016/01/05(火) 22:21:32.73 ID:

胃腸が弱いふりをして、イチョウの木の下にしゃがんでいたから、ごまかせたんだよ!
23:2016/01/05(火) 22:56:04.57 ID:

頼朝って武士の大棟梁ですみたいな顔してるけど
北条にまんまと乗っ取られてるカスだよな
29:2016/01/05(火) 23:44:13.16 ID:

>>23

北条も元は平氏方の連中だしな。

京の都から遥か遠い関東や伊豆なんて僻地任されて
鬱憤たまってたんだろうな。
31:2016/01/05(火) 23:53:09.99 ID:

>>23

しかし、北条氏に乗っ取られて、

鎌倉幕府が結構長く続いてるのが謎だな
途中で元寇とかあったけど、乗り越えてるし
40:2016/01/06(水) 03:10:46.18 ID:

>>31

多分公家っぽい暮らしができれば

けっこう満足だったんじゃないか
頼朝は京都にずっと憧れてたらしいしな
32:2016/01/05(火) 23:58:43.29 ID:

>>23

関東で源氏って

将軍家の他は佐竹足利新田武田と
辺境にしかいなかったからねぇ
そもそも上総から平氏が出てきたから
南関東全部平氏だし
将門の乱で東下してきた源氏の大将なんか
歴史に埋れちゃってるし
51:2016/01/06(水) 09:56:15.21 ID:

>>32

源平合戦とかいうけど

実際に戦ってるのは
坂東平氏とそこから別れて都で栄達した
伊勢平氏の戦いなんだよなw
24:2016/01/05(火) 23:07:05.49 ID:

東原亜希「呼んだか~?」
25:2016/01/05(火) 23:24:01.05 ID:

八幡宮って景明のパパンが複眼ねーさんに殺された何処?
26:2016/01/05(火) 23:36:25.66 ID:

密着カメラマンは見えてないルールになってるから
27:2016/01/05(火) 23:42:05.97 ID:

そもそも、征夷大将軍に任じられた鎌倉殿と、源頼朝は同一人物なのかな?
坂東でくすぶっていた頃に、北条の勢力下に入った頃に、ご本人は▲◆されて
北条氏に都合の良い人物とすりかえられた可能性は?
28:2016/01/05(火) 23:42:57.66 ID:

苦行
30:2016/01/05(火) 23:46:57.58 ID:

殺して進ぜよう
33:2016/01/06(水) 00:02:50.08 ID:

平氏と平家の区別がつかないとおしろさんはいないよな?
34:2016/01/06(水) 00:55:38.89 ID:

隠れてた銀杏の木?
まだ残ってるんだっけ
36:2016/01/06(水) 01:01:59.28 ID:

>>34

落雷だか強風だかで倒れたはず

35:2016/01/06(水) 00:57:19.37 ID:

ごめん調べてみたら五年前に強風で折れてたわ
37:2016/01/06(水) 01:38:55.16 ID:

この写真のどこかにスナイパーが隠れています
38:2016/01/06(水) 02:53:33.74 ID:

縮地だな、目にも映らない速さ。
39:2016/01/06(水) 03:05:47.22 ID:

政治の中心を鎌倉に置くって無理がありすぎる
商業的にも文化的にもダメすぎる
東京 大阪 滋賀 京都 鎌倉 奈良 神戸
やはり鎌倉浮きすぎ
42:2016/01/06(水) 08:12:36.62 ID:

>>39

陸上交通しか視点が無い奴の発想

43:2016/01/06(水) 08:46:22.67 ID:

>>39

明治時代より前は船便が輸送の主役
あと、源氏は義朝や鎌倉惡源太義平のときから鎌倉の拠点

41:2016/01/06(水) 03:25:08.70 ID:

公暁自体が北条に騙されてたって聞いたけど本当なんかね
44:2016/01/06(水) 08:50:47.94 ID:

なんであいつだけ公暁とかいう変な名前なんだ
56:2016/01/06(水) 11:35:35.07 ID:

>>44

苦行だよな

72:2016/01/06(水) 18:41:02.32 ID:

>>44

仏門に入れられて付けられた法名だから
ちなみに公暁は実朝の兄貴の頼家の子(実朝にとっては甥っ子)で、頼家が死んでからは実朝の猶子に
なってる
甥であり義理の息子に殺されるってどんな気分だろ
実朝の和歌はけっこう諦観と悲哀に満ちててぐっとくるな

45:2016/01/06(水) 09:10:34.29 ID:

ここで旧鎌倉出身の俺登場

段葛がどう仕上がるのか興味津々

あと、浅羽屋がついに無くなって旧警察署共々コイン駐車場になってたのは驚き
結局観光客の動線は若宮大路西側(駅のある方)から離れないんだよな

46:2016/01/06(水) 09:36:19.79 ID:

源頼朝は嫡男の正室に、曽祖父が開発した荘園(三河国高橋荘・高橋新荘)の荘官をしていた足助重長の娘を選んだ

源頼朝の曽祖父は三河県豊田市民→三河県岡崎市民
源頼朝の祖父は三河県岡崎市民
源頼朝の嫡男の正室(辻殿)は三河県豊田市民
その嫡男の息子が鎌倉鶴岡八幡宮でやらかした公暁

・吾妻鏡では辻殿を妻、若狭局を愛妾としている

・源頼家(2代目鎌倉将軍)
藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→藤原季範(初代藤姓熱田大宮司、額田冠者(三河国額田郡、三河県岡崎市))→由良御前→源頼朝 →頼家→公暁

・辻殿
足助(加茂)重長(三河国加茂郡足助、三河県豊田市)→辻殿(母親は源為朝の娘)→公暁

■修禅寺(静岡県伊豆市修善寺964)

木造大日如来坐像
http://www.butsuzoutanbou.org/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C/%E4%BF%AE%E7%A6%85%E5%AF%BA/
本尊の大日如来像は1984年に解体修理され、像内から銘文と納入品が発見された。これによって、1210年に実慶が造ったものとわかった。
実慶は「運慶願経」(1183年)に名前の見える慶派の仏師である。この修理の時点では作品は知られておらず、重要な発見となった。新聞でも報じられたそうである。
納入品は美しい布に包まれた髪の毛であった。
髪はB型とO型の血液型の人のものであるとのことで、2人分であることが判明している。1210年というのは、この地で非業の最期をとげた鎌倉幕府の2代将軍源頼家の7年忌にあたることから、頼家ゆかりの人の髪と考えられる。
『吾妻鏡』の1210年7月8日の条に頼家の妻辻殿が出家をしたという記事があり、辻殿の髪と思われる。またもうひとりは、母である北条政子である可能性がある。

47:2016/01/06(水) 09:37:39.74 ID:

関東猿は一度も勝った事が無い、ダサ過ぎw

源頼朝は鎌倉に幕府を開き、三河にいた母方従兄弟の源義兼に足利荘を安堵し源姓足利氏を誕生させ
その縁故で三河が足利王国になり、足利尊氏はその縁故の鎌倉将軍家の敵を討つ形で室町幕府を開いた

源頼朝(初代鎌倉将軍)
・藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫)→藤原季範(額田冠者(三河国額田郡、三河県岡崎市)、初代藤姓熱田大宮司)→女→源頼朝(初代鎌倉将軍)

足利義兼(初代源姓足利氏)
・藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫)→藤原季範(額田冠者(三河国額田郡、三河県岡崎市)、初代藤姓熱田大宮司)→女(実父は季範長男)→足利義兼(初代源姓足利氏)

鎌倉時代
三河県岡崎市の足利氏VS神奈川県鎌倉市の北条氏(笑)   ←勝者は三河

戦国時代
三河県岡崎市の徳川氏VS神奈川県小田原市の後北条氏(笑)  ←勝者は三河

現代
三河県豊田市のトヨタVS神奈川県横浜市の日産(笑)     ←勝者は三河

48:2016/01/06(水) 09:43:27.04 ID:

伊沢元彦は歌を嗜み朝廷と融和路線の実朝を
坂東武者達が危険視して思って公暁を利用して殺した
実朝が殺されるのはほぼみんな黙認状態だったって言ってたな
61:2016/01/06(水) 16:44:19.32 ID:

>>48

逆説じゃ頼朝にも同じこと言ってた
もう適当よ。とりあえず新説ぶっつけてやろうと

49:2016/01/06(水) 09:50:07.64 ID:

  ,彡⌒ミ        公暁が隠れています
^^^^^^^^,^^^^^^^^>
^^^:;,, ,,,,   ^^^^^ ^>
   ^^^^,,,,  ,,.^^^ ^ >
50:2016/01/06(水) 09:53:33.89 ID:

八幡宮の石段に
立てる一木の大鴨脚樹
別當公暁のかくれしと
歴史にあるは此蔭よ
52:2016/01/06(水) 09:57:57.91 ID:

安城市民は難儀する。
53:2016/01/06(水) 09:58:20.27 ID:

源氏の名を借りた、平氏同士の争いか
54:2016/01/06(水) 10:05:18.15 ID:

鎌倉幕府の支配層一覧(三河つながり優遇)

【鎌倉将軍】源頼朝(母方:藤姓熱田大宮司家(三河国額田郡、三河県岡崎市)
■将軍御一家(頼朝姻族、頼朝女系の一族)
・足利氏(下野国足利郡足利)←母親が頼朝母と姉妹(藤姓熱田大宮司家(三河国額田郡、三河県岡崎市))の家系
・北条氏(伊豆国田方郡北条)←頼朝正室の家系、政子の父・北条時政の母は伴為房の娘(三河伴氏)
・一条氏(藤原北家中御門流)←頼朝同母(藤姓熱田大宮司家(三河国額田郡、三河県岡崎市))姉もしくは妹(坊門姫)の嫁ぎ先の家系

■御由緒家
・安達(小野田)氏(三河国八名郡小野田、三河県豊橋市)←安達(小野田)盛長は頼朝幼なじみ
・足助(賀茂)氏(三河国加茂郡足助、三河県豊田市)←源頼家に室を出し、生まれた息が源実朝を暗殺した公暁
・比企氏(武蔵国比企郡)←頼朝乳母(比企尼)の家系←源頼家に正室を出す
・八田氏(常陸国八田郡)←頼朝乳母(寒河尼)の家系←八田知家の猶子である中条家長は高橋荘(三河国賀茂郡、三河県豊田市)地頭
・結城氏(下総国結城郡)←頼朝乳母(寒河尼)の家系

■門葉(鎌倉将軍と血縁関係がある源氏)
・源範頼(三河守)←頼朝異母弟
・源広綱(駿河守)←古井城主(三河国碧海郡古井、三河県安城市) ←太田道灌の先祖
・平賀義信(武蔵守)
・山名義範(伊豆守)←実父は矢田城主(三河国幡豆郡矢田、三河県西尾市)の矢田義清
・大内惟義(相模守)
・足利義兼(上総介)←母親が頼朝母と姉妹(藤姓熱田大宮司家(三河国額田郡、三河県岡崎市)
・加賀美遠光(信濃守)
・安田義資(越後守)

■執権・連署
・北条氏(伊豆国田方郡北条)←頼朝正室の家系、政子の父・北条時政の母は伴為房の娘(三河伴氏)

■政所(一般政務・財政を司う機関)
・大江氏←初代別当の大江広元は牛田城主(三河国碧海郡牛田、三河県知立市)
・二階堂氏(相模国二階堂)←初代令の二階堂行政は、母親が頼朝祖父(初代藤姓熱田大宮司(三河国額田郡、三河県岡崎市))の妹
■侍所(軍事・警察を担った機関)
・和田氏(相模国三浦郡和田)

55:2016/01/06(水) 10:06:33.05 ID:

頼朝やその息子孫がいなくなって、政子が頼りにしたのは三河で繋がる人々だったのは明白だろう、政子の葬儀奉行は足利義氏だった

金剛三昧院(本尊、愛染明王は北条政子が、当時仏師として世間に名を広めていた運慶に依頼し、頼朝公の等身大の坐像念持仏として作成)

・建暦元年(1211年)、北条政子の発願により源頼朝菩提のために禅定院として創建する
・承久元年(1219年)、源実朝菩提のために禅定院を改築して金剛三昧院と改称し、以後将軍家の菩提寺として信仰する
・貞応2年(1223年)、北条政子が禅定如実として入道し、建立奉行を葛山景倫(願性)・安達景盛が務め、源頼朝と源実朝の菩提を弔うための多宝塔(国宝)を建立する
・嘉禎4年(1238年)、足利義氏は政子の十三回忌にあたり、当院に大仏殿を建立し、丈六の大日如来像を奉安して、政子と実朝公の遺骨を納める

・源実朝
藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→藤原季範(初代藤姓熱田大宮司、額田冠者(三河国額田郡))→由良御前→源頼朝→源実朝

・葛山景倫(願性)
藤原実範(三河守)→女(藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)の妹)→高橋惟康(三河国高橋荘領主)→鮎沢惟兼→葛山惟忠→景忠→景倫(願性)

・安達景盛
小田野兼広(三河国八名郡小野田)→安達盛長(三河国小野田荘地頭、三河守護)→安達景盛(三河国小野田荘地頭、1221年まで三河守護だったか?)

・足利義氏
藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→藤原季範(初代藤姓熱田大宮司、額田冠者(三河国額田郡))→女(養女)→足利義兼→足利義氏(三河守護)

57:2016/01/06(水) 12:51:55.88 ID:

せっかく天下取ったのに内乱起こりまくってんだな
頼家と子の末路は悲惨すぎるね、空気が読めない遺伝子だったんだろうか
58:2016/01/06(水) 13:02:41.71 ID:

しかし、頼朝も凄いバックのいる嫁を貰ったもんだ・・・
59:2016/01/06(水) 14:14:04.42 ID:

>>58

この頃の北条は本当に平氏なのか怪しいぐらいの弱小氏族
弱小だからこそ頼朝が各地の豪族に相婿に送り込むにも都合がよかったわけで
その結果ほぼ関東の大豪族と結びつき強大化、と言う歴史を考えると
むしろ北条が強大化したのは頼朝の妻になった政子のおかげ

73:2016/01/06(水) 19:25:55.26 ID:

>>58

>凄いバック

源頼朝(初代鎌倉将軍)、足利義兼(初代源姓足利氏)と三河の藤姓熱田大宮司家

三河の藤姓熱田大宮司家

・家祖:藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)
・系図:藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→藤原季範(初代藤姓熱田大宮司、額田冠者(三河国額田郡))

☆源頼朝、★足利義兼
 
藤原実範
・藤原成季
・藤原季綱(三河守)→①へ
・藤原季重
・藤原季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→④へ
・藤原行綱
・興義
・実慶
・三位女→高橋惟康(伊勢新二郎大夫、三河国加茂郡高橋庄(八条院領目録にあり)領主)

①藤原季綱
・藤原友実→②へ
★藤原実兼→藤原通憲(信西)
・藤原悦子(鳥羽天皇乳母)→葉室顕頼(三河守)→藤原俊成(養子、三河守)
・他多数

②藤原友実
・藤原能兼→藤原範季(後白河院近臣、順徳天皇の外祖父、源範頼養父)→③へ
・女子→源頼政(上西門院に出仕、伊豆守、源三位)→④
・他多数

74:2016/01/06(水) 19:26:59.15 ID:

>>58

③藤原範季
・源範頼(養子、三河守)→源範円(正法寺(三河国宝飯郡)僧)→吉見為頼(初代吉見氏)
・藤原範時(八条院蔵人)
・藤原範茂(子孫は高倉家(羽林家))
・藤原重子(修明門院、順徳天皇母)→順徳天皇
・藤原範光(養子(実父は藤原範兼)、後鳥羽院近臣)
:藤原範子(養女(実父は藤原範兼)、後鳥羽天皇乳母、土御門天皇外祖母)→源在子→土御門天皇
・藤原兼子(養女(実父は藤原範兼)、後鳥羽天皇乳母)
・他多数

④源頼政
・源仲綱(大内守護)→有綱(伊豆守)→女子(源義経室)
・源国政(初代山県氏)
・源兼綱(実父は頼政兄の頼行)→大河内顕綱(初代大河内氏(三河国額田郡大河内)か?)
・源頼兼(大内守護)
・源広綱(実兄の仲綱に養子入り、駿河守)
・二条院讃岐

⑤藤原季兼
・藤原季範(蔵人所雑色、初代藤姓熱田大宮司、額田冠者(三河国額田郡))→⑥へ
・藤原憲実(法眼)→藤原仲経(九条院蔵人、玄番助大夫、美濃国土岐多良庄地頭)
・女子→二階堂行政(鎌倉幕府の政所令・後に別当、初代二階堂氏)

75:2016/01/06(水) 19:28:03.14 ID:

>>58

⑥藤原季範
・藤原範忠(後白河院上北面、大宮司、三河国滝山寺大檀那、室は美福門院女房上総)→⑦へ
・藤原範信(式部丞、上野介、大宮司(星野大宮司)、三河国神谷御厨給司、三河国星野荘荘司、初代星野氏(三河国宝飯郡星野))→⑧へ
・藤原範雅(後白河院上北面、大宮司)→⑨へ
・藤原範綱(大学助大夫)
・藤原範智 (法眼、園城寺)→三位局(源実朝御所縫殿別当)
・三河祐範(法橋、三河国滝山寺、園城寺、頼朝伊豆配流時代の支援者)
・粟田口長暹(法眼、三河国滝山寺、仁和寺、守覚法親王近習)
・千秋尼(上西門院女房)
・大進局(待賢門院女房)
☆由良御前(上西門院女房か?)→源頼朝(上西門院皇后宮権少進、征夷大将軍)
★女子(養女(実父は藤原範忠)→足利義兼(八条院蔵人、上総介)→足利義氏(足利氏として初めて三河守護)

⑦藤原範忠
・藤原忠季(大宮司、刑部丞、蔵人所雑色)→藤原忠兼(備中守、大宮司)→海東忠成(猶子、大江広元の四男、初代海東氏、大宮司)
・野田清季(大宮司(野田二郎大宮司)、三河国野田城主、初代野田氏(三河国設楽郡野田))→鷹司朝季(鷹司冠者)→野田朝氏(大宮司、室は足利義兼の娘)
・藤原能季(相模守)
・藤原範高(検非違使、蔵人所、大宮司)
・寛伝(額田僧都、日光山満願寺19世座主、三河国滝山寺)
・任暁(仁和寺)
★女子→足利義兼(八条院蔵人)→足利義氏(足利氏として初めて三河守護)

⑧藤原範信
・藤原範清(検非違使、上西門院蔵人、星野左衛門大夫、頼朝右大将拝賀先駆)
・藤原憲朝(八条院判官代、駿河守、初代千秋氏(三河国設楽郡千秋))→藤原範俊(左馬助、大学助、源実朝近習)
・藤原信綱(駿河守、尾張国海東郡地頭)
・藤原信雅(高松院蔵人)
・藤原憲行
・藤原実豪(延暦寺権僧正)

60:2016/01/06(水) 14:37:52.15 ID:

ハム・アカツキ
62:2016/01/06(水) 17:02:58.19 ID:

倒れる前の大銀杏は背後に身を隠す事は充分可能だったけど
隠れた処から人を刺しに行こうとすると凄く大回りしなきゃならないんで運動不足の公暁には無理w
実際には地位を利用して充分近付いてから凶行に及び仕留めたのだろう
ところで大銀杏って鎌倉時代にはどれくらいの太さだったのw?
63:2016/01/06(水) 17:12:47.45 ID:

直前にお腹痛いと言ってその場から離れた奴が真犯人
64:2016/01/06(水) 17:27:44.70 ID:

警護兵も居ないし、境内真っ暗だろ
65:2016/01/06(水) 17:30:12.22 ID:

夜中この辺り通ると、一人で歩いてるバックパッカーいたりしてびびるんだよ
外人は夜中の神社とか見てんの?
66:2016/01/06(水) 17:32:37.49 ID:

>>65

日本人が見ても雰囲気いいじゃん?夜の神社なんて

81:2016/01/06(水) 21:24:59.67 ID:

>>65

夜の神社は良いぞ

67:2016/01/06(水) 17:32:39.45 ID:

秦野に実朝の首が運ばれたのはなぜ
70:2016/01/06(水) 18:27:12.10 ID:

公暁を仕留めたのは無手の技を用いる者であったとされる
歴史の影に陸奥あり・・・時代的には義経の子、陸奥虎一か
71:2016/01/06(水) 18:29:41.43 ID:

武士の最高位の人間が公家文化どっぷりで和歌の才が突出してたってのが皮肉だよな
77:2016/01/06(水) 19:39:44.29 ID:

ニンジャだ。
古事記にもなんたらかんたら
78:2016/01/06(水) 20:36:41.59 ID:

ハプスブルク家にもパリチーダヨハンというのがおってな
こも別当公暁と同じような境遇だったんじゃよ
詳しいことはシルレルの「ヴィルヘルムテル」で
79:2016/01/06(水) 21:06:49.61 ID:

このイチョウを倒壊させた東原って
80:2016/01/06(水) 21:15:54.70 ID:

源頼朝は過小評価されすぎじゃないか?
82:2016/01/06(水) 22:20:56.70 ID:

頼朝の墓ってどこだっけ
83:2016/01/06(水) 22:39:24.33 ID:

源氏って昔から身内で殺し合いばっかしてるイメージあるな
義仲も義経もそうだし範頼だってあれだし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⇒ トップページへ戻る ☆

【歴史】れきまと!!!【まとめ】












※ 書き込んだコメント内容は、全て書き込みした人の自己責任です!
書き込んだ場合は、それを了承したとみなします。

↓コメントをどうぞ!↓

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)